Vineという名のモンスターアプリが世界を席巻。愛すべきバカたち。

Twitter連携アプリで人気のvine。

image

特にティーンエイジャーや20代の若者に大人気。

米国では、vineが大流行しているおかげでTwitterが息を吹き返したようにも見えるくらいモンスター化している。

アプリ紹介サイトじゃないから、Vineを詳しく説明しないけど。
ごく簡単に言っちゃうと・・・。

「6秒動画投稿アプリ」

いかに、たった6秒の中で笑いを取るか。
いや、6秒で人を感動させるか。
いや、6秒で泣かせるか。

日本の俳句や短歌のように、「制限の中」ってのは、逆に面白いものが完成するんだな〜と感心させられる。

日本でも、ジワジワ流行ってきてるね。
私も、最近空き時間にvineを見て、よく笑わせてもらってる。
やはり、どっちかっていうと「ネタ」に走る人が多い。
もう、体張って真冬の海に飛び込んだり、「愛すべきバカたち」の巣窟だ。

日本でもメインユーザー層は、高校生や大学生っぽい。
アホな事をやらかすにはもっとも適した層だもんね(笑)

しかし、なによりも今の若い子(日本人)はすごい。

ソーシャルメディアでの遊びを通じて、普通に国際交流している。
アプリの投稿は、全世界から寄せられる。
従って、もう必然的に「英語」が公用語であり共通語になっている。
しかし、Vineで遊びたい彼らは、日本語だけでなく普通に英語でも投稿するし、外国人からの英語のコメントが入っていれば、英語で返事を書く。

じゃ、日本で投稿している彼らは、「英語が達者な人ばかりか?」といえば、違う。
中には流暢な人もいるが、ごくごく普通の日本の高校生の英語力が大半。

しかし、彼らは、英語を「学ぶ」のではなく、普通に英語を「使って」る。
文法や単語が多少間違っていようと気にしない。
英語はコミュニケーションツールだと割り切って、臆せず使ってる。
英語を学ぶ事に苦痛を感じるのではなく、英語を使う事に楽しみを見いだしている。

どんどん、世界はフラットになっている。
グローバル化だのなんだのと言っているのは、案外おじさんたちのコンプレックスの裏返しなのかもしれない。
しかし、若い世代はそんなフラットな世界へ適応している、もしコレをグローバル化と呼ぶのであれば、もう若い世代は勝手に適応しはじめている。
デジタルネイティブかつグローバルネイティブ世代。

大人たちが、規制、規制で、グローバル化や黒船に対抗しようとしている裏で、若者たちは勝手に楽しく世界とつながっちゃってるよ。

日本よ、もう一度鎖国を解こうぜよ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です