「自戒」タグアーカイブ

心の中で100回謝った。

自転車で帰宅していた。

道幅の狭い道を走っていると、道の前のほうで女性が一人、私の先を歩いていた。

こっちは自転車だから、前を歩行する女性をさっさと追い越してしまいたかった。

女性は、左手には大きな買い物袋を抱え、右手を自分の胸の辺りくらいまで上げて、うつむき加減で、ヨロヨロと歩いていた。実に危ない。

こりゃもう、確実に、「歩きスマホ」である。

最近は、歩きスマホでフラフラ歩いている人が実に多い。
前は見てないし、斜めに歩いていたりとかして、本当に危ない。

自転車のベルを鳴らして、注意を促してから、ゆっくり抜こうかと思ったけど、ベルを鳴らすのはあまり好きではないので、近寄ってから「すみません、通ります。」と声をかけて追い越そうと思った。

少しづつ近づくが、相変わらず、左手に重そうな買い物袋を抱え、うつむき加減で、ちょっとフラフラしてて、本当に危ない歩き方をしている。

そういえば、この前なんて、自転車に乗って横断歩道で信号待ちしてたら、横からドンと人がぶつかってきて、なんだ??と思ったら「歩きスマホ」で前を見てなかった中年のサラリーマンだった。

そんな事を考えていると、前方をよろよろと歩く、歩きスマホ女性に腹が立って仕方がなくなってくる。

とりあえず、追い越せそうな距離まで近づいたときに、声を掛けた、「すみません。通りますね。」

女性は、スッと道を譲ってくれた。

歩きスマホは、ほんと怖いから辞めてね。。。と思いつつ、ふと女性のほうを振り返ってみると。

左手に重い買い物袋を持ちつつ、前方にあった右手は、スマホを持っていなかった。

女性の右手は、前にだっこされた「赤ちゃん」を大事に抱えていた。

そう。
右手はしっかりと赤ちゃんを抱えて、うつむき加減にずっと赤ちゃんを見守りながら、重い荷物を抱えて歩いていた若いお母さんだった。

ハッとした。

人間は得てして偏見の動物だ。
本当に心底気をつけないと、真実を知らずに偏見だけで物事を見て、さらに決め付けてしまう。
赤ちゃんを抱え買い物をして大変なお母さんを、後姿だけで、マナーの悪い歩きスマホな奴と決め付けて、自分の心の中で勝手に苛立ちさえ覚えていた・・・。

私は、女性を追い越した後、100回、心の中で謝った。

このエントリーをはてなブックマークに追加

オンラインでいつも場違いなレスをしてくる方々。

Twitterとかfacebookとかvineとかmixiとか。

まぁ、言うに及ばず、「SNS」ってやつだね。

こういうコミュニケーション系のサービスを使ってると、大抵、投稿した内容に「場違いなレス」を付ける人って出てくるよね。

場違いというか、空気読んでないというか、流れを読んでないというか・・・。

下手をするとそのレス一つで、一気に今までの流れがしらけてしまうこともある。

もちろん、「場違いなレス」・「流れを無視したレス」の大半は、「悪意」は無い。
なんなら、善意でレスをしている事もあり、投稿者は何も悪くない。
(炎上系などを除いて。)
普通にコミュニケーション取ろうとしてレスをしてくれているだけ。

でも、「なんか違う」レスをしてくださる。

共感もできないし、笑えもしない。
返事に困る・・・。

「なんか違う。」

そんな、なんか違うレスをする人をウォッチしていると、とりあえず、一つ法則性を見つけた。
(それが全てではないけどね。)

「世代が違う。」ってこと。

もっと言うと、「違和感のあるレス」をしがちなのは世代が上の人が多い。

やはり、世代が違うと背景に持っている価値観などのバックボーンが違うから、「何か違和感のある」レスになるのだろうな。

逆に、上の世代の人たちからすると、下の世代の人たちから来るレスにも「妙な違和感」を感じる事があるわけ。

結局、これって、なんて事はない。

リアル世界でありがちな「寒すぎるオヤジギャグ」or「イマドキの若者」現象が、SNS上でも起こっているに過ぎない。

今時は、オンラインとリアルの垣根が曖昧になってるから、そうなるのは当然。

ただし。

とても残念な事に、どうしてもオンラインコミュニティーの主役は若い世代になりがちなんだな。

つまり、悲しいかな、オンライン上では、「今時の若者」の世界にオヤジが「オヤジギャグをぶっ込んでいる」という構図になりがちなわけ。
(その逆パターンよりも。)

結局、何が言いたいのかと言うとね・・・。

いつも「寒いオヤジギャグ」をぶっ込んでごめんなさい。

分かりにくいレスしたり、場の雰囲気乱してるの、私でした。

このエントリーをはてなブックマークに追加