「日記」タグアーカイブ

税抜き価格の計算ってどうやるの?

今の時代、モノを買うと「消費税」という税金が徴収されるシステムになっている。

去年までは、本体価格に対して5%の消費税が取られた。
今年からは、本体価格に対して8%の消費税が取られている。
来年からは、本体価格に対して10%の消費税が取られる予定。

でまぁ。
「税込価格」(つまり、消費税込みの値段)って、誰でもすぐに計算できるんだよね。
消費税8%の場合。

「本体価格(税抜価格) × 1.08 = 税込価格」

100円 × 1.08 = 108円

とっても簡単。

で、今日。
「税抜価格」ってどうやって計算するの?
って聞かれた。

つまり、税込価格が100円の場合、税抜価格っていくらになるの?っていう質問。

簡単に答えた。

「税込価格 ÷ 1.08 = 税抜価格」

と。
つまり、税込価格が100円の場合。
100 ÷ 1.08 = 92.59・・・・・
四捨五入して、93円が本体価格(税抜価格)。

しかし、帰ってきた答え。

「なんで??」

どうやら、元の値段を出すのに、「なぜ1.08で割るのか?」が理解できないらしい。

なので、一つ目の説明を試みた。

さっきの税込価格の出し方、
「本体価格(税抜価格) × 1.08 = 税込価格」
は、十分に理解しているようなので、等式の左辺と右辺の両方を1.08で割ったら?
と提案してみた。

本体価格 × 1.08 ÷ 1.08 = 税込価格 ÷ 1.08
つまり
本体価格(税抜価格) = 税込価格 ÷ 1.08

で、分かるよね?

チャンチャン♪ 終わり。

と思ったら、算数のテクニックとしての理屈は納得できるが、どうもちゃんと腑に落ちないらしい。
「小数点の付いた数字で割る」というところがしっくり来ないのだろうか。

説明を変えてみた。

ということで、
「税込価格 ÷ 1.08 = 税抜価格」
という式を掛け算にしてみた。

1.08を分数にする。
税込価格 ÷ 108/100(分数) = 税抜価格

そして、それを掛け算にする。
税込価格 × 100/108(分数) = 税抜価格

税込価格に対して、108分の100 が 税抜価格になるよね。

つまり、108個あるうちの100個の部分が、元の部分になるよね?

どうやらピンときて、理解してもらえたらしい。

唐突に、
「税込価格 ÷ 1.08 = 税抜価格」だよ、と言っても、すぐに消化できる人もいれば出来ない人もいるんだな、と学んだ今日この頃。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コンドロイチン・グルコサミンは効くの?効かないの?教えておじいさん。

最近、母親が膝が痛いとよく言っている。

加齢とともに、膝などの関節の軟骨が磨り減ったり変形したりするのは、よく言われてるし、それにともなって痛みがでるのも知ってる。
どうやら病院にも行ったそうだが、「まぁ、加齢ですね。」といわれたそうだ。

しかし、結構体を動かす仕事をしているし、あまり病院にいきたがらない母親が病院に行くくらいだから、結構痛いんだと思う。
なので、息子としても何かしてあげられないか・・・と。

私は医者ではないので、出来ることはそんなにない。
マッサージしてあげるくらいか、民間の薬やサプリメントを買って飲ませてあげるくらいか。
ただ、結構離れて住んでいるので、マッサージは現実的ではない。

短絡的に思いつく選択肢としては、サプリメントくらいである。

とりあえず、まず思い付くのが「皇潤」などのサプリメントCM。
(CMの刷り込み効果はすごい。。)
調べてみると、結構高いのね。

とりあえず、成分としてはコンドロイチンとグルコサミンというのがキーワードらしい。
コンドロイチンやグルコサミン系のサプリメントで、関節痛に効きそうなものはないかと、色々と探した。

色々なサプリメント会社の公式HPを見たり、「体験者の声」を見ていると、サプリで関節痛は緩和できそうだし、購入モチベーションはどんどん上がっていき、多少高くてもいい物を実家に贈って上げようと必死に「いいサプリ」をくまなく探し始める。
くまなく探し始め、SEOで上位に上がってこない下層ページも次々と読み始めるとモチベーションがどんどん下がり始める・・・。

「効果がなかったという口コミ」が次々と出てくる。

果てには、「グルコサミン・コンドロイチンの関節痛への効果は認められず。」といういくつかのアメリカの研究発表にまで当たってしまった・・・。
例)変形性膝関節症へのグルコサミン内服、初のRCTでは予防効果得られず
などなど。

もはや、サプリへの期待は消えうせた・・・。
もう、期待できるのはフラシーボ効果(思い込み効果)でしかない・・・。

しかし、「親に何かしてあげたい。」という芽生えた気持ちをなかなか仕舞い込めない。

あれだけTVCMしてて、こんなに色んな会社がすごく沢山コンドロイチン・グルコサミンのサプリを出してるんだから、きっと多少は何か効果あるんだよ、きっと。
まさか、そんなにたくさんの会社が嘘をついていたりするわけがない。多少は効くはずだ。
・・・という前向きな気持ちに切り替えようとする自分がいる。

正直、どうしていいのか分からない。

世間では、関節痛にはグルコサミン・コンドロイチンが良いといわれてる。
でもって、私は、困っている母親にそれを買って贈ろうと思っただけに過ぎない。
ここで、何も考えずに検索して、一ページ目に出てきたショッピングサイトでサプリを買って実家に贈れば、私も気持ちよく「ほんの少しの親孝行した気分」になれた。それでよかったのだ。

下手に調べてしまったことで、このようなモヤモヤになってしまった。

でも、私にはすぐに他に思いつく、私にできる痛みの解消法はないのである。

結論として、買って贈った。
もう、これは気持ちの贈り物でしかない。

フラシーボ効果でいいので、少しでも関節痛が和らぎますように・・・。

このエントリーをはてなブックマークに追加

え!?イベリコ豚も知らんの!?

私の前を2名の男子大学生が楽しそうにおしゃべりしながら歩いていた。

追い抜かそうかどうしようか悩んだけど、人生焦ることもなかろう、と思って一緒になってダラダラ歩く。

聞こえてきた二人の男子大学生の会話。

A : 「あのさ、あの有名な豚、食べたことある?」

B : 「有名な豚? 何ソレ? ああ、高級な奴? なんだったっけ・・・」

A : 「なんか地名みたいな豚」

B : 「思い出した、いべりこ豚!!」

A : 「おー!! それそれ、『イベリ・コ豚』!!!」

B : 「??? は?なんか、発音おかしない? 『イベリコ豚』やろ?」

A : 「え?何がおかしいの? 『イベリ・コ豚』やろ?」

B : 「いやいや、なんで、『イベリ』と『コ』を離して発音するねん。」

A : 「はぁ? お前知らんの?? イベリの子豚やん!? 『イベリ子豚』」

B : 「お前マジか? そんなわけないわ。『イベリコ』豚!」

A : 「おいおい、お前こそ大丈夫か? じゃ、なんで『イベリコ豚』って呼ばれるのか、知ってるんか?」

B : 「さぁ、なんでやろな・・・・。」

A : 「あのな、ヨーロッパのイベリ地方で飼育される豚の中でも、その子豚の油のノリが最高やから、おいしいといわれてるねんぞ?」

B : 「え!? マジ? それマジなん? 『イベリ子豚』やったんや?やば、全然知らんかった、『イベリコ豚』やと思ってたわ・・・。」

A : 「おまえ、無知やなー、家に帰って親にでも聞いてみろ。」

B : 「おお、まじやばかったわ。飲み会とかで言うたら、大恥かいてたわ。そっかー、子豚って旨いんか~。」

A : 「ようおぼえとけよ。」

私 : 「世の中は、それらしく聞こえたもの勝ちか。」

二人を追い抜かさずに、
この会話を始終聞き、
クスっとできた小さな幸せに感謝。

EX.
イベリコ豚(イベリコぶた、スペイン語:Cerdo Ibérico イベリア豚の意)は、食用に飼育される豚のひとつである。
– Wikipediaより

このエントリーをはてなブックマークに追加