「コワーキング」タグアーカイブ

あ、コワーキングいいな、と再確認したCoworking Magazine

image

日本初?世界初?のコワーキングに関する雑誌。
「Coworking Magazine」が発刊された。

私にとっては目新しさはなかった。
しかし、私にとって、たくさんの大切な事を思い出させてくれる実に良い書籍だった。
あえて表現すると「やさしい気持ち」になれた。
この気持ちのまま、感想文を書いていくと今流行りの(揶揄されている)ポエティックな文章になりそうな予感がする。
(すみません。)

私が、コワーキングを叫んでいた頃。
コワーキングを一生懸命説明して回ったけど、なかなか理解してもらえなかった。
コワーキング体験キャンペーン「2週間まるまる完全無料!」というイベントをやってもぶっちゃけ誰もこなかった。
全くの「ゼロ」。
永遠のゼロ。

そんな状況は今や昔。
今では、経済産業省助成事業リストに「コワーキング」という項目が載っている。

世界では、4000箇所を超えるコワーキングスペースができている、では、日本では一体何箇所スペースがあるのだろうか?
正直、数が多すぎて、もうよくわかっていない。(すみません。)
(「コワーキングスペース一覧」とかで検索すれば、色々なサイトがでてくるのでそちらをご参考に。)

小脇をスタートさせた時(4年以上前)、コワーキングに大きな夢と希望を抱いていた。
(過去記事参照:とあるコワーキングスペースをはじめた男の話

そうこうしているうちに、日本全国各地にコワーキングスペースがどんどん増えていく。
個人的にはとてもうれしく、全国に「居場所ができる」ような気持ちだったのを今も覚えている。

しかし、いつの間にかコワーキングという言葉の解釈も場所もどんどん多様化をしていき、コミュニケーションのないレンタルオフィスのような「コワーキングスペース」、マンガ喫茶やインターネットカフェのような感覚の「コワーキングスペース」、自スペースへのクローズドな顧客囲い込みにしか興味がない「コワーキングスペース」などなど、色々な「コワーキング」が出現し、そしてあるものは定着し、あるものは撤退する。

個人的には「コワーキング」というからには「コミュニケーション」「協働」「共創」などが「存在する場所」がコワーキングスペースだと思っていただけに、これだけ多様なコワーキングスペースが登場することで「世間のコワーキングスペースに対する評価」が「歪んじゃわないかな・・・」と少し心配していたのは事実だったりする。
(そんな事を言えるような身分ではないけど。)

それでも、コワーキングの良さは、Jelly!という言葉に代表されるように「多様性を許容する」ところにあるわけで。

なので、基本的には、
「色々とあるのもいいよね。」ということで、あまり気に止めていなかった。
(本業のソフトウェア開発やスタートアップの支援も忙しいし、笑)

しかし、実のところ・・・。

いつの間にかコワーキングに対する熱意は失いつつあった。
コワーキングという言葉も多様化したし、何がコワーキングなのかもうよくわからないし、自分が思ってるコワーキングとは違っていたとしても、もはやそれがスタンダードとして認知されているのだったら、それが「時代の流れ」ってものだろうし。
そんなところに対して抵抗しても仕方がないし、ニーズがある方向にコワーキングが進んでいくのは、正しいのだろうと。

今後も、私にはコワーキングがどの方向に進んでいくのか、よく分からない。
ただ、私が楽しいと思えるコワーキングは「コレ」っていう私の基準はあるし、それはそれで大切にしていきたいな、と思っているだけ。
それ以上はない。
熱意は随分と失われてしまったけどね。

と、いうのが、この本を読む前。

この雑誌を読んで、「あ、やっぱりコワーキングってこれだよね?」って久々に思い返すことができた気がする。
雑誌の記事だけでなく、その作り、そこに出てくる人々、そこで語られている哲学。
すべてに「ホッとした」というのが正直な感想。

そこには、コワーキングらしさが充満してた。
たくさんの人たちのインタビューが載っていた。
「この人たちと、働きたい」「この人たちといたら楽しいだろうな。」という全国のコワーカーたちと初めて出会った頃のようなワクワク感と居場所が、語られていた。

コワーキングを知らない方には、この雑誌でコワーキングがどういうものか理解してもらえると思う。

「あー、やっぱりコワーキングいいじゃん!」
「「このコワーキング」をやっぱりみんなに知ってもらいたいな。」
「またJelly!したいな。」

という気持ちが蘇ってきた。

またオープンマインドを持って、色々なコワーキングスペースに行って、色々な人との出会い・つながりを楽しみたい気持ちがふつふつと甦り中。

インタビューに答えていた全国のみなさん、元気をありがとうございました(^^)

(実は、この書籍には、恥ずかしながら私のインタビューも載っている。)

このエントリーをはてなブックマークに追加

とあるコワーキングスペースを始めた男の話

私は、京都にあるITベンチャー企業で「正社員」として働いていたが、独立をした。

独立をして小さなソフトウェア開発会社をスタートさせる。
ぶっちゃけ、IT系の仕事ってPCさえあれば場所を問わずどこでもできる。
事務所なんて全然必要ない。
だから、法人登記はしたものの実質的な作業場所となる事務所を賃貸せず、自宅で仕事をすることにした。
自宅で仕事ができるなんて、当時の私には夢のように感じた。
毎日通わなければ行けない会社・事務所が無いなんて、なんて快適なのか、と。

クソ暑い夏は、家で涼しくお仕事。
極寒の冬も、家でぬくぬくとお仕事。

実に、快適な「完全在宅勤務」生活だった。

そんな生活をしばらく続けていたある日。
ふと気になることがあった。

「あれ、今日、誰かと話したっけ?」

そういえば、、、今日の「発声」って・・・。
イオンのレジで「お買い物袋お持ちですか?」と聞かれて。
「はい。」と答えただけのような・・・。

そんな感じの在宅勤務生活が続くうちに色々と疑問が出始めてくる。

たしかに、仕事をしている。お金もきちんといただけている。
つまり、「経済的には完全に自立している。社会人として問題ないはずだ。」
しかし、「どうも社会との接点が薄くないか?」
経済的に自立しているとは言えるが・・・

「何か社会と隔絶している気がする。」

私はプログラマーだ。
プログラムスキルだって、インターネットを見れば大量に情報が出てくる。
大丈夫だ、業界の流れにもついていけている・・・。
・・・のだろうか??

会社員時代は、スキルについてあーだこーだと社内のみんなで話をしていた。
そんな「雑談」の中からすごく大きな気付きを得ていた。

「ちゃんと生の声、生の情報を得たい。」

「社会生活という側面」から。
そして、「技術者という側面」から。
「こういった在宅勤務はおかしいんじゃないだろうか?」という疑問を持つことになる。

そんな悶々とした気持ちを誰かと共有できないか?と思い、考えた挙句。
「異業種交流会」「名刺交換会」などに通って、似たような境遇の知り合いを探そう!と考えた。

結果的に、名刺交換会や異業種交流会に来ている方々とは、誰一人として友達になれなかった。
ほとんどが、自分のビジネスを売り込みに来ている人ばかり。
完全に損得勘定でしか話ができなかった。(異業種交流会に友達を探しに行くバカは私くらいだったようだ・・・。)

コレも違う。

そうこうしつつも、相変わらず生活スタイルは変わらない。
ほんの少しだけ変わったとしたら・・・・。

当初抱いていた「夢の在宅勤務な思惑」と違い、家にいたら「だらける」ようになっていた。
そこで、ときどき、「近所のカフェで仕事」するようになっていた。
いわゆる「ノマド」だ。
(当時、ノマドという言葉はかなりマイナーだった?そもそも、そんな言葉があったのかな・・・。)

それでも、頭の中では常に「このスタイルは間違っているんじゃないか。」と考えていた。

そんな中、ふとインターネットでとある記事を見つけた。

「アメリカは、フリーランス(個人事業主)大国である」と。

「なるほど! 日本の先を行くフリーランス大国のアメリカなら、このおかしな生活の解決策を何か見つけているのではないか!?」

海外のサイトを調べまくったら、一つのキーワードを発見した。

「コワーキングスペース」
(一つのオフィスを複数の人間でシェアして、一緒の空間で仕事をし、時にはコラボレーションし、時には一緒に飲みに行く、そんなコミュニティーのあるスペース)

「これだ!!コワーキングスペースだ!!
よし!早速、京都のコワーキングスペースに入会しよう!!」

もう、ワクワクしながら京都市内のコワーキングスペースを探しまくった。
探しまくったのだが・・・。
京都にコワーキングスペースが、一つも無かった・・・。

関西では、神戸と大阪に一ヶ所づつ見つけた。
さすがに、京都から神戸や大阪に通うのは遠い。

「諦めるか・・・」

しかし、当時ノマドをしていて気がついたことがあった。
私のようなカフェでノートPCを開いているフリーランスらしき人が非常に沢山いる。
中には、カフェに行くたびに毎回顔を合わせるような「カフェを事務所」にしてしまっている人もいる。

「もしかして、彼らもこのスタイルに疑問をもっているんじゃないだろうか?」
「もしかして、彼らもコミュニティーに属したいんじゃないだろうか?」
「もしかして、彼らもコワーキングスペースがあったら喜ぶんじゃないだろうか?」

「でも、京都にコワーキングスペースは、ない。
だったら、、、、作るしかないな・・・・。」

こうして、「コワーキングスペース小脇」は生まれる。

コワーキングスペースは、一時期メディアでブームのような捉えられ方をしていたが、メディアが言うほど万能ではない。
しかし、今では、京都にたくさんのコワーキングスペースが出来ている。
コワーキングスペースを通じて、人も情報も仕事も「有機的に」「結びついてきている」という状況をみると、「コワーキングスペース」がたくさんの方の心を動かしているのも一つの事実なんだろうな、と思う。

このエントリーをはてなブックマークに追加