「書評」カテゴリーアーカイブ

鳥は思考するのか?生涯をかけた挑戦

image

アレックスと私」原題(Alex & Me):アイリーン・ペパーバーグ著 幻冬舎
を読んだ。

この「アレックスと私」は、2008年にアメリカでベストセラーになっているらしく、2010年に日本語訳の初版が出版。
日本で発売されてから、もう6年も経つが、原本も日本語版も全く存在を知らなかった。

鳥を見ようとたまたま冷やかしで入ったペットショップにこの本が並んでいて、パラパラとめくると、天才インコ(ヨウムという種類)と科学博士の「動物の思考」についての記述が実に面白そうだった。

また、最近、人工知能(AI)の発展が目覚ましく、エンジニアである私も「思考」という分野に興味があったのも相まって早速購入。

image

本書の全体の流れは、MIT(マサチューセッツ工科大学)を卒業し、ハーバード大学院を卒業した女性科学博士ペパーバーグさんと、アレックスという名のヨウム(アフリカ原産の大型インコ)との30年に及ぶ研究と人生ストーリー。

アレックスは、「音を繰り返すだけのオウム返し」ではなく、実際に100語程度の英単語を覚え、しかもその英単語を組み合わせて文章を作って発音し、簡単な会話や意思表示ができたらしい。
また、色を表示する言葉を覚え色を識別し、物の形状と言葉もつないでいた。
さらに、数字の概念を認識し1〜6まで数字を使った簡単な計算もできた。
人間以外の霊長類の中でも最も賢いとされるチンパンジーですら理解できなかった「ゼロの概念」を理解していたと言われている。

個人的には知らなかったのだが、ヨウムのアレックスは、アメリカではスター扱いだったらしく頻繁にテレビ・雑誌・新聞を賑わせていた天才インコだそうな。

一方、ペパーバーグ博士。

彼女は、MIT(マサチューセッツ工科大学)という一流大学を卒業し、ハーバード大学院も卒業しているにも関わらず、「研究室」は「男の職場」という女性軽視の閉鎖的な環境の中で、長期雇用は獲得できず、やっと大学と契約できても臨時研究員だったり、すぐに解雇されたり、大学から研究資金援助が受けられず研究資金集めに奔走したり、と。

立派な肩書とは裏腹に非常に困難な研究者としての道を歩み続ける。
(今でこそ性差別は少なくなったようだが、70年代80年代のアメリカの研究現場では根強かったみたいだ。)

さらに、科学技術分野では「動物は思考しない」という学術研究が支持されており、そのような意見が支配的な科学技術界に対して、「動物の思考」というテーマで挑戦するもんだから、余計に異端とされ困難さが増すというデフレ・スパイラル。

動物の言語研究というものは、「でっち上げ」「思い込み」以外の何物でもない。

このような何年・何十年にも渡る学会の支配的意見に対して、アレックスと組んで冷静沈着に、そして可能な限り科学的な実験方法と、純粋な客観的データを集めて「実は、鳥が思考している」という実証を積み重ねていく。

一般の動物好きの人なら、動物が思考していても何もおかしいと思わないかもしれないし、犬も猫も人間とコミュニケーションができると言ってもすんなり受け入れる人も居るかもしれないが、科学の世界ではそうは行かない。
問題を細分化し、反証不可能なまでに実証しなければ認められない。

それを、霊長類(人に近いと言われているサル科)ではなく、一羽の鳥が成し遂げていく。

そして、最終的に、「思考」や「言語」というのはあくまでも霊長類の長である「人間」にのみ与えられた特殊な能力という固定概念を崩していく。

どんな動物でも思考しコミュニケーションを行う、能力を持っているか持っていないかの二項対立ではなく、あくまでも「程度の問題にすぎない」という認識を広めるまでになった。

そして、アレックスは、30歳という若さ(ヨウムの寿命は50年)で突然この世を去る。

ちなみに、科学的研究で大きな成果を残していくアレックスだが、一方でテレビなどではおちゃめな鳥として取り上げられまくっていたらしい。
(特に80年代後半から90年代?)
Youtubeで”Alex Parrot”などで検索すると無数の動画がでてくる。

知らない人の方が多いだろうけど、このヨウムという種類のトリ(大型インコ)は、日本でもペットとしてすごく人気があって、トリをある程度の数扱っているペットショップに行けば大体会うことができる。
近所のコーナンのペットコーナーにもいたりする。(価格は30万くらいするけど)

日本にも「バズ君」という名の人気のアイドルヨウムがいる。
(ヨウムYoutuberか。)
彼の天才っぷりも見ていて楽しい。歌も上手いし、言葉も上手い。

「かわいい!」と一時期ネットで大人気になったのが、「急にもよおして、う◯こした後に、飼い主に報告する」動画。

いつの間にか、人は人間の社会だけが世界だと思い込みがちになる。
みんな忙しいし、無理も無い。

しかし、人の文明の下に自然界があるというのは現代的(西洋的?)な考え方であって、かつて人は、自然界と自分たちは同じ世界に生きていると強く意識して生きてきた。

もし、「人以外の動物たちもちゃんと思考している」ということを受け止めるのであれば、人は自然界に対して傲慢に振る舞うことはしづらくなるのではないだろうか。

最近は、インコ女子コトリ女子という言葉が流行っていたり、猫カフェならぬ、コトリカフェインコカフェも次々とオープンし、小鳥ブームが来ているそうな。

そんな中、鳥も少なからず思考していると思うことができれば、また違った接し方ができ、楽しいバードライフになるんじゃないかな。
(少々青臭く説教くさい締めではあるが、たまには思い返えすために。)

アレックスと私:幻冬舎

このエントリーをはてなブックマークに追加

「文系プログラマーの数学知識 基礎の基礎」を読んで。

image

何年か前に何気なくブックオフで買った本だけど、1ページも開くことなく放置してたので、ようやく読んでみた。
これだけはおさえておきたい 文系プログラマーの数学知識 基礎の基礎」(技術評論社)

読み終えた感想を先に一言で表現してしまうと。
エンジニアにとって、絶対に陳腐化しない最強のライブラリは『数学』だなと再確認
という事になるかな。

エンジニアをやっているとは言え、仕事上で「微分」や「積分」を使ったりすることは殆ど無く、言語仕様やアルゴリズムや諸所のフレームワークの知識等を常時仕入れて頭のなかで整理しておけば、それなりに「できるエンジニア」として見られるし、実際に開発は得意な方だと思っている(手前味噌)。

しかし、年々技術の進歩スピードが指数関数的に上がってきていて、このままいっちゃうとマジでシンギュラリティー(人工知能が人類の知能を超える地点)まで行っちゃうんじゃないか、とさえ思えるスピードを感じたりしているのも事実。

以前、「スーパーエンジニア」は、開発に関わることはなんでもできた。
インフラ周りもバックエンド開発もディスクトップアプリも、なんでも自在に開発していたんだよね。
でも、今では、それぞれの分野がそれぞれで猛スピードで進化しているから、たとえスーパーエンジニアでも全てを捉えるなんてことはもはや不可能な時代になっている。

元々サーバーサイドエンジニアで、Java C# Ruby Pythonでゴリゴリサーバー周りを開発し、ベータベースもインフラ構築もお手の物で仕事をしていた。
部署が変わって、スマホアプリ開発に2年ほど没頭し、スマホアプリ開発にも慣れてきたあたりで、部署替えで再びバックエンド開発にジョインすることに。

元々サーバーサイドの知識は豊富だったから余裕だろうと思ったら、2年経ったらチームメンバーの会話に全くついていけなくなっていた。
なんてことは、日常茶飯事。

ソフトウェア業界の進化スピードは異常に速いのは承知していても、分野がどんどん細分化されて、その細分化した先でさらにスピードを進化を続けるような「ねずみ算的な進化」は流石にもう追ってられない。

つまり、「今後さらに進化する。」ではなくて、「今後さらに進化スピードが上がる」という事態。

当然ながら、覚えた知識や経験は、どんどん陳腐化していく。(絶対的に避けられない)
今最先端を走っていて、イケイケな気分だったとしても、ほんの少し手を抜いたら、あっという間に陳腐化。

そうなってくると、エンジニアとして生きるためには、特定の技術や知識に固執するのではなく、「その場その場に即応する」というスキルが非常に重要になる。

で、そういう即応するスキルって何か、っていうと、最新のフレームワークの知識でも、最新の言語仕様の知識でも、クラウドの使い方でもCMSの使い方でもない。
もっとプリミティブな知識ってことになる。

結局のところ。
突き詰めていくと、エンジニアに取って、理工系の教養が陳腐化しない最強のスキルなわけ。
それが、数学だったり、物理だったり、電子工学だったり。

と、前置きが長くなったけど。

この本は、そういったエンジニアさんたちに、勝ち残るためにプリミティブな知識を付けておきましょうという意図で出版されている。
(物理版もある→これだけはおさえたい ゲームプログラムの物理の知識 基礎の基礎

ちなみに、高校時代に大学受験科目の英・国・社だけ勉強して、数学と理科系はすべて捨ててたっていう「ド文系」な方にとっては、歯ごたえのある本かも知れない。

1次関数・2次関数、交点・中点
三角関数
行列、ベクトル
微分、積分
など、聞きたくもないような言葉がでてくるが、かなり上手に説明しているので、高校時代に比べてすんなりと理解できるんじゃないかな。

また、それぞれの数学が、プログラミングやソフトウェアの中でどのように使われているのか、数学とソフトウェアの関連もしっかりと触れてくれているので、文系の方だけでなく、理系の方でもエンジニア新人さんなどにはためになるかもしれない。

逆に、文系・理系問わず、数学は得意でした(仕事ではめっきり数学か離れているけど)って方にとっては、「読み物」のような感じでサラサラと読めて、軽い復習に良いです。
私個人的には、非常にサラッと読めて、懐かしさとともに、久々に数学熱に火を付けてくれる良い書籍だったかな。

業務で毎日数学つかってます、って方は全く不要。

日本は文系プログラマーさんって結構多いので、今後何年も業界で生きる最強スキルとして数学や物理の学習はオススメします。

結城先生の「数学ガール」集などに取り組もうかと思っている方は、その前に一読しておくといいかも。

これだけはおさえたい 文系プログラマーの数学知識 基礎の基礎

このエントリーをはてなブックマークに追加

DaiGoの「人を操る禁断の文章術」を読んだが・・・。

image

TVなどのマスコミでは超有名人「メンタリストDaiGo(ダイゴ)」さんの「人を操る禁断の文章術」を読んだから概要を記録。

というか、この本に関しては、概要を書くとそれが中身の全てとも言えるかも?
もしかしたら、このブログを読んだらもうこの書籍を買う必要はないかもしれない・・・。

普段は、1ページが中々進まない上に分厚い「ソフトウェア開発系技術書」ばかり読んでるので、たまには「サクサク」「楽に」読めるビジネス書でも読みたい衝動に駆られて書店で手にとった。

こういうビジネス書は、社会に出たばかりの新卒さんや学生さんなどがありがたがって読むわけだけど、30歳を超えて喜んで読んでいたら少し気恥ずかしさがあったりする。(よね?)
けれども、それ以上に「楽な活字消費意欲」に負けて買った・・・。

読み終えてのこの書籍に対する大まかな感想は、「やはり若い子が自己啓発感覚で読むレベルの本、もしくは、相当文章が書けないか共感力が足りない人が読む本であって、それなりの分かっている大人が読んでも得るものはほとんどないものだったな」と。

しかし、買って読んでしまった以上は、せめて何かひとつくらい気づきを得て、「買った自分の自己正当化」はしたい。
また、フレッシュな会社員や学生さんなどには多少なりとも響く内容はあるかもしれない。(めちゃくちゃ文章が苦手な人にも)

ということで、いつも通り、本書の概要をまとめておこうと思う。

まえがき

情報商材のランディングページなどにありがちな感じで、「思い通りの文章を書いて、思いのままに人の心を動かそう。(本書を読めばその秘密が明らかに!)」という感じで幕をあける。

まえがきを読んで、「おおおーーー!すぐ読みたい!」となるのか、「はいはい・・・。」となるかで、自分の成熟度と冷静さがある程度分かるかもしれないかな。(別にどっちが良いとか悪いじゃなくて)

でも、まえがきからひとつ良いこと書いてた。
(たぶん、これが本書を買わせる手法の一つ、笑)

文章はただ書くのではなく、読んだ相手の心を動かし、想像力を使ってもらうために書くのです。

人を動かす文章を書きたければ、「読み手の想像力を掻き立てる書き方をしなさい。」ってこと。
そうだな・・・例えば、英語教材を販売するためのキャッチを書くとして。
「英語をマスターしよう!」と呼びかけるのではなく、
英語ができたら何がしたいですか?」と問いかけるわけ。

そしたら、それを読んだ相手は、英語ができる自分を勝手に想像して色々と考えはじめてくれるわけ、そうすると自分から勝手に購入意欲を作ってくれる。というマジック。

第1章

「人の心を動かす文章をかけたら、人生の色々なところで役に立ちます。文章のもつ力は偉大だ。」

そして、繰り返し、相手の想像力を掻き立てる文章を書くように提言。
一例として、文章の中に具体的な数字を紛れ込ませることで、文章がよりリアリティーあるものになり想像力を掻き立てる力を持つ。

「2週間で英語がペラペラ」とか「2ヶ月でプログラミングをマスター」とかそんな感じ。

以上。

第2章

メンタリズム文章術・3原則

あれこれ書かない
あえて文章の情報量を減らすことで読み手の想像力を掻き立てる。
ワンメッセージ・ワンアウトカムの原則
(というと聞こえはいいけど、文章指南でよく言われる「ダラダラ書かない」「文章自体の目的を明確に」という基礎的な話)

きれいに書かない
お利口さんな文章では伝わらない、美文は要らない、相手の気持ちを揺さぶる文章を。
(というとかっこいいけど、要は「話しかけるように書く」という結論)

自分で書かない
自分で書かない!ってどういうこと?気になる!よね?
要は、自分のことではなく、相手の趣味趣向を熟知して相手が好む文章を書けってこと。
(というと「なるほど」と思うかもしれないが、相手の趣味趣向を知るためにフェイスブックやTwitterなどで相手の情報を事前に調査するというネットストーカー的な話)

第3章

人を動かすための7つのトリガー

1.興味
まずは、文章の読み手の興味を探る。
(相手のメールやSNSをチェック・・・)

2.本音と建前
たてまえとホンネの両方を使って文章を書く。
ホンネや理想を正面から言わない。
人は、建前で動いている場合が多いので、まずはタテマエに共感して相手のATフィールドを解いてから、その後に理想(ホンネ)をぶっこめ。

3.悩み
悩みを突く文章は、相手に突き刺さる。(結構知られてる。)
悩みは年齢ごとに違う、例えば、20歳の人は健康に関する悩みは少ないかもしれないが、50歳を超えると健康の悩みは効果的。
(相手の年齢をSNSで調べよう・・・)

4.ソン・トク
人は損得勘定で生きている。
特に、人は「得」の感情よりも「損」の感情により多く心を動かす。
結論、「正直にデメリットを伝えることで信頼を得られる。」
(当たり前)

5.みんな一緒
所属している、もしくは所属したいカテゴリーの共感を得る文章を書く。
つまり、「あの子も使ってるよ。」「もうみんなやってるよ。」的な。
(日本人学的な)

6.認められたい
結論、文章に「はじめてでした!」「(価値観などが)変わりました!」と文章に忍び込ませよ。
さすれば、相手の承認欲求が満たされるだろう!
(こすい)

7.あなただけ
あなただけ特別という、特別感を煽る。
(あるある)

逆に、この辺りに全然ピンとこないって方は、本書をおすすめする。

第4章

読む気を失って斜め読み。

表題だけ上げておく。
「文章を書く5つのテクニック」
・書き出しはポジティブに
・なんども繰り返す
・話しかけるように書く
・上げて下げて、また上げる
・追伸をつける

まとめ

あっという間に読めたが、やはりこういう本は卒業しておくべきだった。

ちなみに、このあたりの内容って全部欧米の著名な心理学の焼き直し。
一つ一つの心理学書は分厚くて内容が難しい物もあるのでこうやってかいつまんで優しく解説してくれるのはありがたい人もいるかもしれない。

おそらく、マーケターのバイブル「影響力の武器」や「予想どおりに不合理」などの行動経済学の影響を色濃く受けている。
たとえば、「あなただけ」というのは、「希少性の法則」。
「みんな一緒」は「社会的証明」。
などなど。

本当に営業さんやマーケターが読むとしたら上記バイブルであって、本書では無いと思う。(上記書籍のほうが200倍勉強になる。)

あと、コールド・リーディングも出てきたかな。
15年位前にコールドリーディングの書籍が何冊も発行されていて、数冊読んだ記憶が・・・。コールド・リーディングってまだ現役なんだ・・・という印象を受けた。
【悪用厳禁】コールドリーディングの手法8つ

カジュアルに文章術について楽しみたいなと思う方にはオススメ。

人を操る禁断の文章術

このエントリーをはてなブックマークに追加