「日常」カテゴリーアーカイブ

今一番通いたいノマドスポット「まちライブラリー」

image

先日、大阪の「もりのみやキューズモール」内にある「まちライブラリー」に立ち寄ってみたら、あまりにも居心地がよく、近所にあった絶対に通いたい!、と思ったので、どうしても書き留めておきたい。

まちライブラリーとは

「まちライブラリー」というのは・・・。

「まちのカフェやギャラリー、オフィスや住宅、お寺や病院などの一角に共通の本棚を置き、そこにメッセージ付の「本」を持ち寄り、交換しながら「人」の縁をつむいでいく活動。」

まちライブラリー公式サイトより引用。

簡単に言うとみんなで本を持ち寄る形の私設図書館。

特に、まちライブラリー@もりのみやキューズモール

このような「まちライブラリー」って、全国100ヶ所以上展開されていて、私が住む京都にも何箇所かあって存在は以前から知っていた。
いわゆる、「持ち寄り型の図書館」「本をシェアする場所」というイメージのみがあった。

しかし、この森ノ宮(大阪)にある「まちライブラリー」の雰囲気は、イメージしていたものとかなり違った。

「持ち寄り型の図書館」というシェアリングエコノミー型の新しいカルチャーを展開しつつも、カフェやシェアオフィスのような従来のビジネスを上手に融合させて、本当の意味でのサードプレイスを作り出していた。

(サードプレイス:自宅・会社だけではなく、それに次ぐ第三の居場所)

今までのノマド経験の中で、現時点で最も「通いたい。」と思った場所かもしれない。

まちライブラリー@もりのみやキューズモールを敢えて文章で説明してみるとこんな感じかな?

「カフェといえばカフェだけど、みんなで本持ち寄ったみんなの手で作った図書館でもあって、さらにFM COCORO(FM802の姉妹局)のスタジオ兼DJブースでもあり、そして近隣住民の憩いの場。」

カフェでコーヒーを注文してスタバ的な利用もできるし、本を借りてその場で読むという図書館という利用方法もある、利用方法に特に制限があるわけでもなく、PCを開いて作業をしコワーキングスペースやシェアオフィス的な使い方もできる。

丸めたシェアリングエコノミーは心地よい

ちなみに、AirBnBやUberのように、住居や車を「所有するのではなく共有する」という新しい経済を「シェアリングエコノミー」と呼ばれる。

他にも、モノを「所有から共有へ」と変化させるビジネスの発生事例はいくらでもあって、自宅や店舗の空いている駐車スペースを個人同士で貸し借りするakippa(あきっぱ)の駐車スペース登録数(日本全国)は、駐車場ビジネス最王手のTimesに次ぐ二番目の車庫数にまでなってきている。

こういった、「シェアリングエコノミー」って、知っている人やその価値観を分かっている人には「もはや当たり前」「日常」くらいになっていて、「モノを所有するのではなくシェアする」という文化に何の抵抗感もない。

その反面、そのような文化を全然知らないし、全く触れない方も非常に多く(というか、まだそちらのほうが圧倒的に多勢)、やはり、「モノは買うもの」「所有するもの」という価値観もまだまだ根強く残っている。

20年前だと、シェア文化はほとんど無かったので、みんながみんな「モノは所有」という価値観で満場一致していたけれど、今はとても不思議な時代で、所有という価値観とシェアという価値観で生きる人達が同時に存在し、綺麗に棲み分けられていたりする。

そんな中で、まだまだ大多数である「所有文化」の人たちが、いきなりそのシェアリングエコノミーな価値観を突きつけられてもなかなか理解できないわけで。(特に世代差も大きい)

その点、森ノ宮の「まちライブラリー」は、カフェという従来的なビジネスに、まちライブラリーというシェアリングエコノミーの文化を上手に融合させて、「誰にでも理解できる形」で展開しているから、「本当の意味で幅広い人」に受け入れられる場所づくりに成功している点にものすごい居心地の良さと多様性を感じた。

スタートアップ系のコワーキングスペースのように意識高い人ばかりが集まるわけでもなく、デザインイベントのようにクリエイターがばかりが集まるわけでもなく、スタバのように若い人ばかりが集まるわけでもなく、高齢者から子供まで、老若男女が集まって、住民のサードプレイスとして機能しているところは非常に素晴らしい。

お母さんと子供が図書館の絵本を広げて読み聞かせしている隣で、Macを開いて何かしら設計っぽい作業している若者がいたり、FM COCOROの生DJをのんびりと聞いているお父さん、その後ろで、Xcodeを開いている方。隣の見知らぬ若い女性に話しかけている老夫婦。

コミュニケーション、コラボレーション、コインシデンス、オフィス、ライブラリー、カフェ、様々な機能を持ちつつも利用者を混乱させることなく、自由に利用できるムードを作り出すことに成功している森ノ宮のまちライブラリーは、これからの空間運営のお手本となるものだと思った。

「尖らせて牽引する」のもいいけれど、「あえて丸めて浸透させる」という方法論、すばらしい。

今後はこういう融合型スペースが増える

アメリカのポートランドでは、「コインランドリー」なんだけどコーヒーやアルコールを販売していて、市民の憩いの場かつコミュニティーとして機能しているという記事は有名。

image

コーヒーやクラフトビールが飲める ポートランドの「コインランドリー」は人々が集まるコミュニティの場だった

キーワードはコミュニケーションとコミュニティ。

今後、日本も世代交代が進む中で、所有エコノミーから共有エコノミー(シェアリングエコノミー)な価値観へとどんどん転換していくと思う。

そういう中では、スペースはモノやサービスを提供するだけでなくコミュニケーションの提供が大きな価値となっていくのは既定路線じゃないかな。

スタンダードブックストアや蔦屋書店も、多機能化している事例との一つだろうけど、今後はさらにコミュニティを構成するための機能の追加がされていくのだと思う。

きっと良い意味での古きよき日本のご近所付き合いが、これから新しい形で蘇っていくのだろう。

ちなみに、今後のカギを握るシェアリングエコノミーを知るには以下の書籍はかなり参考になります。(是非Amazonレビューも読んでみてください。)

限界費用ゼロ社会―「モノのインターネット」と共有型経済の台頭

※TOP写真引用

蔵書ゼロから4000冊に 買い物ついで寄れる私設図書館人気 大阪・森ノ宮:産経ウエスト

このエントリーをはてなブックマークに追加

この動画の意味わかる!? 中高生には、猛烈に流行っている。猛烈に。

以下の6秒動画をみて、意味が理解できる?
笑えた?

上記のVine動画は、2014年末から中高生に大ウケ、大人気。
普通の高校生がVineに投稿しただけなのだが、ループ数100万回をゆうに超えている。

この6秒動画を理解して笑えた人は、中高生か、もしくは流行に敏感な社会人さん。

しかし、一般の社会人にとっては、この中高生に人気の動画を理解するには、1つではなく、2、3のハードルがある。
全く意味が分からず、動画を面白がることはできない方のために解説をしてみます。

まったく意味不明だったというそこのあなたは、はい、メモ取って!

1.「ダンソン」という踊りが2014年末からブームになっている。

Vine動画で彼が踊っている踊りには、元ネタがある。
キングオブコントというTV番組でバンビーノという芸人のコント内に出てくる踊り。
「ダンシング・フィッソン族」という民族が、ダンスを通じて狩りをするのだが、その狩猟ダンスを踊る際に「ダンソン フィーザキー トゥーザティーサーザ コンサ」と掛け声をかける。
この掛け声が、短く省略されて、「ダンソン」と呼ばれるようになった。

参考:「ダンソン」とは?中高生のあいだでよく使われる言葉の意味と使い方 ー エキサイトニュース(2015/1/19)

元ネタ動画は、こちら。

この「ダンソン」という踊りは、現在、中高生の認知度8割以上と言われるくらい、知らない学生さんはいないくらいの勢いのダンス。

2014年流行語で言うところの日本エレキテル連合の「ダメよー、ダメダメ」くらいのブームといえばわかりやすいのかな。(まだその初動)

しかし、この「ダンソン」がブームになっているという説明だけでは、また一番上の大人気Vine動画の理解はできない。

2.中高生たちが、YouTube・ニコニコ・Vineなどの動画サイトで、独自に「ダンソン」を進化させ新しい「ダンソン」を生み出す。

元ネタを見ればわかるように、もともと、「ダンソン」はコント内では狩りをする踊り。
馬や鹿などを、踊りでおびき寄せて、首を締めて狩る。

最初は、「ダンソン踊ってみた」「ダンソンやってみた」的なノリで一人ないし二人でダンソンを踊る動画が動画サイトに投稿されていた。
しかし、そこは中高生たち。
「みんなで踊った方が楽しくね?」というノリとなり、大人数で「ダンソン」を踊り、「(楽しい)呪いの儀式」という体裁に進化させてしまった。

こうして、「ダンソン」は、友達みんなでワイワイ楽しく踊れる踊りへと進化させ。
「ダンソン」=「狩りの踊り」という元ネタを超え、オフラインでの楽しみが、動画投稿を通じてオンラインで共有され、連鎖し、「ダンソン」=「超楽しいソーシャルダンス」へと進化した状態でブームが加速する。

もはや、私の地元でも若者たちが公園でダンソンをやっている光景を見かけるレベル。

ここまで解説すると、いよいよ一番上のVine動画の意味がわかってくるのではないだろうか(^^;

念のため、解説を追加しておく。


3.「ぼっち・非リア充」という、逆説的な笑いが大好きな中高生。

大人や社会人にとっては、「ぼっち」や「非リア」はかなり否定的に捉えられがちだが、今の中高生たちは自虐ネタが大好物。

ということで。

これら1~2もしくは、1~3の背景を知っていると、上記Vine動画は初見で笑える動画となるわけ。
もちろん、この流れを知っている中高生たちは大爆笑。

「ダンソン」という、自分の周りで超流行ってる「みんなで楽しく踊る踊り」を、自宅の部屋で「一人」でこっそり踊ってみたら泣けてきた、という自虐ネタ。(Vinerさんからしたら、そんな解説してほしくねー、って感じでしょうけど、笑)

2ch風にタイトルをつけるなら、
「一人でダンソンを踊ってみた結果wwwwwwwww」
ってことになるかな。

上記動画を、初見で笑えた・理解した社会人さんは流行に敏感さんでしょうね!

さて、あなたはどうでしたでしょうか?
(ちなみに、同じくらいブレイクしそうなのが「ラッスンゴレライ」です。知らない方で気になる方は、おググりください)

このエントリーをはてなブックマークに追加

「それでも、京都は面白い。」と思う。たぶん。

image

さっき、以下の様な記事を読んだ。
京都の現実を知った上で言ってるの?
FacebookのタイムラインやTwitterでバズっていたので、読んだ人多いかも。

氏いわく。

京都は旅行で来れば物珍しくて面白いかもしれないが、住むに適した土地とはとても思えない。

という事らしい。
色々と理由を上げている、どれもこれも納得できる。なるほどね〜と思った。
結構毒づいてるけど、なんだかんだ言ってもそれなりに京都愛があるからの記事なんだろうなと思う。

そこで、京都に親類縁者も血縁関係も一切なし、友達も一人もいないという状態で、仕事で京都に来て10年住んでみた私も感想を書いてみたくなった。
氏と全く同じ項目で書いてみる。

>理由その①:夏は暑くて冬は寒い

激しく同意。
夏と冬という一年を通しての寒暖差ももちろん大きいんだけど、一日の寒暖差もなかなかにきつい。
一般に過ごしやすいと言われる「春」や「秋」でも、日中はシャツ一枚で汗をかいたと思えば、夜になったら急に冷えてダウンジャケットが欲しくなる。なんてことは日常茶飯事。
実に安定した気候である「瀬戸内海式気候」の中で生まれ育った軟弱な私にとって、京都の気候はキツかった。
最初この気候に慣れるまでは、本当によく風邪を引いた。

ただ、脱ぎ着しやすい服をちゃんとチョイスして、寒暖対策できるようになってからは問題ないけど。

>理由その②:遊ぶところがない

何を持ってして遊ぶということなのか、年齢・性別・既婚未婚・子ありなし、で定義は変わるのは、当たり前として・・・。
確かに、大阪・東京に比べたら、ショッピングスポットや大きな繁華街は少ない。

しかし、結局、今の時代、多くの日本人が休日は「イオンモール」に遊びにいくんよね。
大阪の友達も家族も、休日はイオンモールが遊び場になっている。
都心ではなく郊外に住んでいる人たちは、日常的にイオンモールに行っている。
「マイルドヤンキーじゃあるまいし、街中の繁華街で遊びたいんだよ」という話だったとしても、たとえ東京・大阪と言えども、郊外に住んでたら30分とか電車に揺られて都心に出ないといけない。
これって、京都の鉄道沿線に住んでたら同じくらいの時間でウメキタまで行けるわけで。
そういう意味では、京都は、東京や大阪の郊外に住んでるのと大して変わらないとは思う。

むしろ、イオンモールに頼らなくても、そして、わざわざ都心部に電車で出かけて行かなくても、オシャレなカフェや美味しいパン屋さんや個人経営の飲み屋が生活圏内にあちこち点在している京都の方が楽しめる、と思っている。
もちろん、新宿や渋谷には敵わないだろうけど、ゆっくりとした時間の中でお店の人との交流付きでお茶できるのは、ある意味贅沢だな〜と思っていたりする。
(実に個人趣味かもしれないけど^^;)

それに、今の街中ってちょっと画一的な気がするかも。
もうGAPもユニクロも無印良品もお腹いっぱいというか、、、。
コメダ珈琲でシロノワール食べるよりも、京都のよく知らないカフェで紅茶を一杯飲みたい。

そんなことよりも「遊び」という点で致命的だなと思うのは、ショッピングとか繁華街とかそういうことじゃなくて、浜辺で育った私にとっては、「市内に海がない!」ってこと。
(これも、大阪や東京の街中にも楽しいビーチはないので、条件同じ。)
それ以外に関しては、京都も、普通に遊ぶところが一杯あって、しかも京都にしかないものもたくさんあって、実に楽しい場所だと思う。

ただ、一つアドバイスがあるとすれば、チェーン店とかは避けてみるといいかも。腐った喫茶店とか、敷居の高そうなオシャレカフェとか、謎の居酒屋とか、そういうところに臆せず果敢に攻めてみる。
気軽に敷居を跨いでしまえば、どこも人情味あって温かい。

要は、自分から敷居を跨がずに、京都は排他的だ排他的だというのではなく、自ら積極的に敷居を跨いでいくぶんにはちゃんと歓迎される。

>理由その③:排他的

これは、感じることもあるし、感じないこともあるし、なんとも言えないかな・・・。
しかし、大局的にみて、大阪だろうが、東京だろうが、京都だろうが、所詮「日本人」、「大差」は感じないかな。
京都の老舗と言われるお店や企業などとお仕事することもあるけど、実に温かく迎えてくれている気がする。
(それとも、私が鈍感なだけで、陰口叩かれてるのかな?)
エヴァじゃないけど、自分のATフィールドを解除したら、京都人のATフィールドも解除されてると思うんだけどな〜。

というか、もっと排他的な地方は日本中いくらでもあるような・・・。

>理由その④:仕事がない

IT業界で働く私からすると、仕事がないことはない。と回答する。
むしろ仕事はある。
(氏の言う「バイト」の状況はわからない、ごめんなさい。)

ただし、仕事の取り方や求人というものが、東京とは少し異質かもしれない?

Wantedlyに求人出したら、バンバン人が来る・・・なんてことはない。
アドワーズなどのリスティングで「うまくやったら」、仕事の見積もり依頼がバンバン舞い込んでくる・・・なんてことはない。
ソーシャルメディアやツイッターを駆使すれば・・・・・・・、そんなにうまくいかない。

インスタントな飛び道具や広告というものに頼るやり方は、京都ではあまりうまく行かない気がする。

良くも悪くも「人脈」を大切にしている町のだろうと思う。
(それが排他的と感じる一つの要因かもしれないが。)
メディアの情報よりも人づての情報を大切にする文化と言ったほうがいいのかな。

何か困ったことがあったら、ネットで検索かけてSEOで一位表示されているところにアクセスして・・・、ではなく、まず「知り合いに聞く」。
知り合いが、技術屋さんを知っているとなると、その人を紹介してもらう。そうやって、仕事がつながっていく。

つまり、「つながっていく」という行為を自分から積極的に行うと、どんどん仕事もつながっていく。
氏のいうように、「内に篭っていたらすごしやすい」、なんて言ってたら、より自分のATフィールドが強くなってしまって、鏡の法則で、更に相手のATフィールドも強める可能性がある。
「京都は、つながってなんぼ」だと思う。
そして、京都市内は面積も経済圏も狭いので、つながりやすい。つながりやすいから、実に面白い。

だから、私も京都市内で人をつなげまくるようなイベントをしているし、みんなにたくさんのつながりを持ってほしいと思っているし、私なんて足元に及ばないくらい素晴らしい人達が「繋がれるような」企画をあちこちでやっている。
気軽に乗っかってみるのがいいと思う。
つながっていくと、意外とあちこち仕事があることに気付くはず。

でも、東京に比べたら、、、、比べたら、、、どうしても比べるなら、「やっぱり京都は仕事がない」ということになる。
そりゃ、東京に比べたらね。
そもそも、「規模の経済」があまりにも違う。

京都は、人脈を大切にしているといえども、所詮同じ日本人。
大手企業の大規模な仕事などは、やはり「ブランド力」があるところに頼みたいし、安心を買いたい。
そうなると、京都の企業も東京の大手広告代理店に仕事を依頼しているし、東京の大手SIerに仕事を依頼している。
そういう意味では、仕事が京都から逃げてしまっている。

東京の会社から仕事の依頼が来たと思ったら、実はクライアントは京都の会社だった・・・。なんてことは日常茶飯事。

もちろん、この構造はどこの地方都市でも同じだろう。
だから、仕事は東京に一極集中する。

また、コンテンツ企業・コンテンツ産業が東京に一極集中しているので、クリエイティブな仕事の求人数も京都は少ない。
なので、そういう仕事をしたいと思ったら東京で就職するしかない。

現に、エンジニア系やデザイン系志望の知り合いの学生さんたちは、ほとんどが東京で就職し、京都から去っている。

ただし、ここからが京都の面白いところだなと思う。

そうなってくると、「雇われる」という意識だと仕事はないので、多くの京都の知り合い達が「仕事を作る」という活動に力を入れている。
おかげで、ベンチャーがとても増えてきているし、もともとベンチャーは多い。
この土地は、「なければ自分たちで生み出そう」という力を感じる。これは、学生が多い京都ならではの強烈な力であり、京都の力なんだと思う。
大手有名企業に就職=勝ち組、起業=負組み みたいな偏見は少なめなので、精神的にもスタートアップしやすいんじゃないかな。

とかいいつつ、こんな話は、意識高い人向けになるのかな・・・・・。

そのほかで京都でいいな、と思うところ。

・市内はほとんど自転車で行動できる。

なんせ、街中ショッピングだろうが、観光だろうが、通勤だろうが、なんでも自転車で事足りる。街が凝縮しているので、自転車さえあれば、どこへでもいける。とてもヘルシーかつエコ。車いらない。

・外国人が多い。英語学習にも最適?

昼食でちょっと外出したら、外国人に道を尋ねられる、なんて日常茶飯事。なので、京都という土地は全体的に英語への意識が高く、日本国内でも英語に触れる機会が非常に多い地域。
英語が話したいと思ったり、外国人の友達が欲しいと思えば、大丸裏の立飲み屋に行ったり、マクドナルドにわんさかいる外国人に笑顔で話しかければOK。

・観光資源が豊富で円安に強いかも。

アベノミクスがいよいよ危ないなんていう論調があるが、少々円安に歯止めが利かなくなってきているのかな・・・。このまま円安が進むと、地方経済は基本的に大打撃を受ける。
が、円安の恩恵で外国人観光客が激増する今、さすが「世界の京都」、外国人観光客が例年を上回るペースで訪れ、外貨を落としまくってくださっている。

外貨を大量に獲得できる観光産業をもっているというのは、仮に酷い円安スパイラル入ったとしても、一つの強みとなるのでは。
(潤う観光産業に関わってない人は関係ない、といわれかねないが、京都マクロで見た場合、地域が潤えば地域還元されるので、良いことこそあれ悪いことではない。)
・・・この話は、どうでもいいな(笑)

どわーっと書いて、かなりまとまりがない文章だけど、私にとっては、京都は、そこそこ住みやすいと思う。
というか、良い意味で面白い土地だな~と思う。

あとは、海があればな~・・・・。
水平線に落ちていく夕日をボケーっと眺めていたあの時間が生活の中にあるかないかが、私にとっては一番大きな差・・・。

京都歴10年のひよっこのレポートでした。

このエントリーをはてなブックマークに追加