「テック系」カテゴリーアーカイブ

Guns N’ Rosesの元ギタリスト「スラッシュ」がハッカソンをやるぞ。

80年代のスーパーロックバンド、「ガンズ アンド ローゼス」

そのGuns N’ Rosesの元ギタリスト:スラッシュがハッカソンを行うらしい。

ハッカソンとは、実に簡単に言うと。

プログラマーやデザイナーや起業家や実に様々な人たちが一カ所に集まって、決められた時間内に、サービスを作り上げるというイベント。
ハック(hack)とマラソン(marathon)からくる造語。
世界中(もちろん日本国内でも)頻繁に行われてるイベント。

そして、スラッシュの開催するハッカソンイベントは・・・。
その名も”Slashathon”
http://slashathon.jit.su/

まさか!? である。
生粋のミュージシャンである彼が、まさかソフトウェア開発系のイベントを行うとは・・・。

昔、スラッシュに憧れ無理をしてギブソン・レスポールを手に入れた私。

もうレスポールなんて遠い過去、もはやFのコードを押さえる事ができるかどうかすら分からない。
しかし、今は、別の「コード」は書いている。

「レスポール」ではなく「MacBook Air」で。

コーディング(プログラミング)だ。

なんと・・・。
まさか、こういう形でスラッシュと再会を果たそうとは。

音楽やアーティストに特化したハッカソン。
これは、面白いし、日本でも開催したい。

けれども、主催するような日本のアーティストが誰なのかは、全く思いつかない。

この想い、アーティスト・ミュージシャンに届け!

追記
と思ったら、近々東京で音楽ハッカソンが開催されるらしい。
Music Hack Day Tokyo
http://wired.jp/2014/02/20/music-hack-day-tokyo/

このエントリーをはてなブックマークに追加

言語による違いよりも言語文化の違い。

「Javaの人間がRubyの世界に入って一番感じる1つの違い」
http://tsuchikazu.net/java_ruby_differenc/

という記事を読んだ。

「Javaに比べてRubyは開発スピードが速すぎる」と書いている。
この理由は、「開発者と使用者の垣根の有無」という事らしい。

ある意味で、この記事には同意出来る。

この記事は、「Javaという言語で開発するよりも、Rubyで開発した方が早いよ」という単純な言語比較をしているわけではない。

RubyがJavaより優れているとか、そういう言語自体の話ではなく、その言語を使用する人たちに共通する、世界観の違い、文化の違いがあるということ。

どの言語が優れているかどうかなんて、私も不毛だと思っている。
どれも素晴らしい言語であり、長所もあれば短所もある。
言語信仰するよりは、適材適所で言語を選択出来る方が、開発は幸せになれるんじゃないかと思っている。

でも、言語文化の違いってやはり私も感じていて、色々な言語の勉強会などに出たりしていると、それぞれの文化があって面白な〜と思う。

極々、主観的な意見では、サーバーサイド技術として使われる言語文化圏を、勝手に3つに大別している。

・Java文化圏
・php文化圏
・ruby/python/node.jsなど新興文化圏

この文化圏の主観的違い。
あくまでも文化の傾向ね。

・git使用率

 新興>>>java>=php

・アジャイル率

 新興>php>java

・日本語ドキュメントの多さ(stackoverflow不要率)

 Java>=php>>>>>>>>新興

・自分でサービスを作りたがる率

 新興>php>>>Java

・オブジェクト指向をちゃんと理解している率

 Java>=新興>>>php

・他の言語を身につけている率

 新興>Java>php

・フロントエンドに興味がある率

 php=新興>>>>Java

・C#をそもそも議論に含めない率

 新興>php>Java

・ドキュメント書かない率

 新興>php>Java

・女子率

 php>新興>Java

・英語アレルギー率

 php>=Java>>>>>>>新興

・シリコンバレー・リスペクト率

 新興>>>>>php>Java

・ノマド率

 新興=php>>>>Java

・電話にでない率

 新興>php>Java

・メールで「お世話になります。」率

 Java>php>新興

・ファッションセンス

 php>新興>=Java

・現場での覇気の無さ

 Java>php>新興

・Mac使用率

 新興>>>>>php>=Java


・・・

えーっと、もういい?

言語の善し悪しではなく、言語使っている文化圏に生息する人たちの私の主観的な感想であり、あくまでも「傾向」。
Perl圏の人とはあまり接触がないので、わかりません。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログではなくTumblrだから良いと思うところ。

「文章を文章として見てもらえ評価してもらえる。」

「画像を画像として見て評価してもらえる。」

文章なら文章、引用なら引用、画像なら画像、リンクならリンク。
それぞれが、「単体」で成り立てるメディア。

たとえばブログだと。

文章を読んでもらうためにすること。

1.ブログに文章を書く。
2.目を引くために、文章にあったアイキャッチ画像を作る。(探す。)
3.アイキャッチ画像の配置を決め、TOPにはめ込む。
4.飽きさせないために、文章の途中途中に、画像や引用や動画などを積極的に挟み込む。
5.過去記事へのアクセスを増やすため、過去の関連ページを積極的にリンクする。
6.etc…
7.etc…
8.etc…

画像を見てもらうためにすること。

1.画像を掲載する。
2.画像の感想やストーリーを作る。
3.画像のストーリーを文章化して、画像とともに掲載する。
4.過去画像へのアクセスを増やすために、過去の画像関連ページへ積極的にリンクする。
5.etc…
6.etc…
7.etc…

Tumblrだとこれをやる必要がない。
アイキャッチなんていらない、考える必要もない。

いや、むしろ・・・。
Tumblrでこれをやると逆効果になる。

画像と文章とリンクと動画が入り混じったコンテンツは、逆に読まれない。
コレまでの経験上、本当に逆効果になっている。

自分の気持ちにストレートでいいのだ。

画像に心を動かされたなら、画像を投稿すればよい。
文章を書きたければ、文章を書けばいい。

このストレートなところがTumblrの良さ。
万能だとは言わない、ブログにはブログの良さがあるだろう。
ただ、私は、Tumblrのこの直感的なところが気に入っている。

このエントリーをはてなブックマークに追加