2014年3月現在、アメリカでアホみたいに流行っている曲5選

たとえ日本に住んでいても、Twitter・facebook・vine・instagram・youtubeなどなどで嫌でも耳に入って来て、アメリカで大流行している事が分かってしまうくらい現在流れまくっている曲5曲。

ビルボードHITチャートの上位に入っているかどうかとか、そんなのは知らない。
あくまでも、オンライン上で、明らかに異常に流れまくってて、拡散されまくっている曲を独断で5曲ほど。

特に、海外のサイトを良く見る人にとっては、もうかなり定番。

80年代・90年代ハードロックとパンクで育った生粋のロックファンの私にとって、これらの曲はよく分からないけれども、明らかに流行っているのは事実なので、メモ的にピックアップしておこう。

・Animals - Martin Garrix

あっちゃこっちゃの動画やらVineやらSNSやら、まぁ、このBGMを聞かない日は無いくらい。
EDMっていうジャンルらしいです。
「なんちゅーヘンテコな音楽だ。」と思っていたけど、さすがに、耳慣れてきたせいか、仕事中に聞けるようになってきたし、お?意外とかっこよくね?と思えるようになってきた。

・Happy - Pharrell Williams 

この曲を聞くと、みんな笑顔で幸せに踊らなければいけない。
動画サイトやVineを見ていると、子供たちが踊っていたり、おじいちゃんが踊っていたり、親子で踊ったり。
おそらく、かなり広い年齢層から大きな支持を集めているであろうことは、日本にいても明らかに分かる。

 

・NaeNae

ネネ、と読むだろうか。
まるでかつての「おどるたいやき君」や「だんご3兄弟」の勢いで、色々な世代がこの曲をしっている。
なぜだ?これは、RAP?HIPHOP?
音楽ではなく、このNaeNaeというダンスグループは、ひたすら、右手を上げて腰を振っておどるようで、誰にでも真似しやすいからなのかな。
もはや、ディズニーキャラクターですら、右手を上げて腰振ってる。

 

・Boy Oh Boy – Diplo & GTA

ネットでの拡散から一気に爆発し、流行曲となっているらしい。
この曲を聞くと、とある踊りをしなくてはいけない。

 

・Do you want to build a snowman – Frozen

ディスニーアニメ映画、「アナと雪の女王」の挿入歌。
先日(2014年3月2日)のアカデミー賞授賞式で、ハリウッド女優さんがインタビュアーにマイクを向けられて放ったフレーズがこれ。

“Do you wanna build a snowman?”

もはや、社会現象となっている。
ある意味、「ポニョ」の主題歌並みの社会浸透力。

日本での映画公開はもうすぐだから、日本でも流行るのかな?

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です